【化粧水で治る!?】にきび跡の赤みの原因と対策

にきび跡は目立たなくなったものの、赤みはそのままということがあります。

赤みが残る理由は、肌ににきびができた時に作られた毛細血管の作用によるものです。肌の老化を止めきれず、しみやしわの原因になってしまう原因には、こういったにきびが残した赤み部分のケアが不十分で終わったという場合があります。

にきび跡にできた赤みへの対策としては、ビタミンC誘導体が効果的です。

ビタミンC誘導体はビタミンC同様に美肌成分の一種で、ビタミンCよりも角質層の通過がスムーズでお肌に吸収させやすい成分です。美肌効果だけでなく、体内でコラーゲンを作り出す作用を助けてくれます。

にきび改善効果があるというスキンケア用品にもビタミンC誘導体はよく使われていますが、これは皮脂の分泌を調整する効果によります。

リン酸型ビタミンCと、注目の成分であるバルミチン型ビタミンCが知られています。両者を比較すると、バルミチン型の方が皮膚への浸透率が高いようです。肌が刺激に弱いという方は、にきび改善にも用いられるナイアシンでコラーゲンを作り、にきび跡対策や赤み対策をするといいでしょう。

低刺激のスキンケア用品や、にきび対応型の化粧品もありますので、にきび跡や赤みを化粧で隠す時はそういった商品を活用すると症状悪化を食い止められます。例えば、ミネラルファンデーションは天然素材で作られた、お肌への刺激の少ない化粧品です。

最新情報をチェックしよう!